高校受験対策 学びお役立ち情報

もう新年度!? 愛知全県模試の受付開始!外部参加OK!

厳しい寒さはもうなさそうで、暦の上通り、昼間は春っぽくなってきましたね。

とはいえまだ3月が始まったばかり。

まだまだ卒業式も終わってないし、中学生は公立受験も終わっておらず、子どもたちからすると、まだまだ「新年度」という感じではありませんが、こちらとしては次の年度に向けても動き出さねばなりません。

なのでこの時期はとても忙しいです・・・。

 

といっても仕方がないので、恒例の、新年度1回目の、全県模試の申し込みを開始しました。

開催日は4月3日(日)。

申し込みは3/10(木)までですのでお早めにお申し込みください。

➡詳細&申し込みはコチラ

 

全県模試の指定された実施期間の中では最も遅い部類に入りますが、できるだけ春休みの間に一年の復習をしてから受けさせたいですからね(←世間ではそれを悪あがきと…)。

結果が来るのが4月末くらいと、その辺の融通のきかなさはありますが、それでも、愛知県下最大の模試ということで、鳥羽見寺子屋みたいな人数の少ないところの子たちが、自分たちの現状を確認できる貴重な機会です。学校の定期テストの結果は、学校のレベルによってまったく違うので、受験ではアテになりませんからねぇ。

年間で5回ある内の全部参加する必要はないですが、春・夏・冬くらいは参加できるとホントはよいですね(強制ではありません)。

 

寺子屋は全県模試の外部参加OKです!

寺子屋では2年前から全県模試を導入したので、これで3期目になります。

鳥羽見寺子屋は、守山区の鳥羽見コミュニティセンターでやっているので、通っているのは近隣の学区の子がほとんどですが、普段寺子屋に通っていない子や、学区外の子からの参加も受け付けています。

愛知県高校入試問題研究会というその名の通り、愛知の高校入試を研究しつくした所が主宰する「愛知全県模試」は、基本的に塾で参加するものです。

以前は、塾に行っていない子向けに、大学などの教室で模試を受ける「公開会場受験」というのがあったのですが、コロナ禍で中止に・・・今回の令和4年度第1回もなくなりましたし。

でも、これで困るのって、子どもたちですよね?

特に、塾に行ってない子。

 

塾によっては、「外部参加可」「夏期講習+全県模試」という所もありますが、そうでない所もあります。

となると、近くの塾で外部参加OKのところがなかったら、「自宅受験」しかありません。

自宅受験は自宅受験でメリットがあるのですが(これについてはまた別の機会に)、やはり本番の試験というのは自宅じゃない環境で実施するものなので、「気持ち」が違うんですよね。

リラックスしていればミスらなかったことが、よく起こります。でも、本番はもっと緊張というか焦ります

そういうのを体験することもまた模試の価値ですので、せめて本番まで1回ぐらいは、近くに外部受験OKの所があれば、(通塾を勧められるかもしれませんが)本番に近い環境で模試を受けることをオススメしたいですね。

「公開会場受験」がずっと中止になっているからこそ、中3の子は特に!

 

そんな理由で、鳥羽見寺子屋では、地域の学び舎ではありますが、それを通り越して、すべての子どもたちに学びを提供したいという気持ちから、寺子屋に通っている子はもちろん、学区内で普段他の塾に行っているけど、塾での開催日程が合わないから、という理由での外部参加も、おうちの近くで外部参加OKな塾がない子でも、模試の参加を受け付けております(ただし期日内に申し込みお願いします!)。

なお、試験結果(順位とか偏差値とか合格率とか答案の採点とか)のお渡しは、遠方の方でも、レターパックによる郵送でも対応しています。

 

とにかく、できるだけ多くの子に、こういった「受験の準備」の機会が与えられればなと思っています。

特に公立受験をする子は、問題形式への「慣れ」が欠かせないので・・・。

 

それなりの成績だったので塾にも行かず、受験の準備がまるでできていなかった過去の私は、本番のテスト見て「なんじゃこりゃ!?」と焦って受験に失敗しましたが、そういう子を一人でもなくしたいですね!

詳細&申込はコチラ

no image
【受付終了】令和4年度 第1回 愛知全県模試を開催します

続きを見る

  • この記事を書いた人

メンター 田中聖斗

名古屋市守山区で地域の学び舎『鳥羽見寺子屋』を主宰。塾に行けない・行きたくない子の学習指導や、子どもたちの学びを促す特別授業をやっています。子どもたちに寄りそうことを重視し、どんな子でも受け入れています。作家・企画屋・家庭教育アドバイザーです。花粉症の舌禍免疫中のため、現在は年中メガネです。

-高校受験対策, 学びお役立ち情報