お知らせ

【6/5変更】6月の予約を開始しました

※6/5 国語クラスは定員に達しました

大変遅くなりましたが、2024年6月の予約を開始しました。

※2/19より会場がMOGU-teの2階となります
※4月より、小学生600円、中学生700円、高校生800円となりました

はじめての方は「利用方法」をご覧の上、ご予約ください。
➡お問い合わせはこちらから

6月の開催日程

イベント的なもの

  • プログラミングミニコンテストの〆切を6月末までに延長しました(それ以上は延長しません!)
    ➡詳細ページ
  • 6/24・25が守山西中の定期テストになりますので、6/22土と6/23日は「定期テスト対策」と称して、小学生不可の学びタイムとさせていただきます(小学生以外ならどこの学校でももちろんOK)。eトレのテスト対策プリントや徹底的な演習をすることもできます。ぶっちゃけもっと前から勉強しないとダメですが、最後の追い込みとしてご活用ください

お休みや日時変更

  • 5/24より、金曜の国語クラスは18:10~19:00に、英文法クラスは19:10~20:00に変更いたします
  • 6/23日は日曜日ですが、守西中の定期テスト前日のため15:00から5コマ開催します(小学生不可)
  • 6月最終週より一年ぶりに英会話クラスを再開する予定です

6月カレンダー

学びタイム

学びタイムでできること

学校の勉強
プリント学習のほか、宿題・ワーク・市販教材などを使った学習、テスト勉強・受験勉強、タブレットを使った動画授業など

スケジュールの合わない定期授業の内容
・漢字マスター ・計算マスター ・文章題強化~絵算~ をご予約時にお知らせ下さい

プログラミング
ゲーム作りを通じて楽しくプログラミングを学べます。PC持ち込み不要ですが、別途利用料が必要です(詳細こちら

月曜開催
・6/3月、10月、17月、24月
 ※15:00から2コマ(16:50迄)
 ※18:00から3コマ(20:50迄)

木曜開催
・6/6木、13木、20木、27木
 ※15:00から5コマ(19:50迄)

土曜開催
・6/1土、8土、15土、29土
※9:30から3コマ(12:20迄)
※15:00から2コマ(16:50迄)

土曜開催(定期テスト対策)
・6/22土
※9:30から3コマ(12:20迄)
※15:00から2コマ(16:50迄)
※小学生不可

日曜開催(定期テスト対策)
・6/23日
※15:00から5コマ(19:50)
※小学生不可

定期授業

通年式の定期授業です。メンバー固定でじっくり学んでいきます。

小学英文法クラス(通年)

6/3月、10月、17月、24月の17:00~17:50(小6クラス)

  • 2021年度から中学校の英語は超難化し、多くの中学生がつまずきます。そうならないため、英語の発音、文法、単語を基礎からしっかり、ステップバイステップで学べる、小6以上向けの通年型英語授業です
  • 通常の寺子屋と同じく6名の少人数制で、学校や塾のように「教える」ことよりも「理解する」事を優先し、コミュニケーションをとりながらわからないことをなくしていきます
  • なお、定員に達したため、現在は募集を停止しております
  • お休みされる場合でも、授業動画と宿題プリント(あれば)をメールするため利用料は発生します
  • 1年終了後は中学1年クラスに移行します

〔持ち物〕筆記用具(蛍光マーカーも)、教材(教材費1500円+小学英単語1000円は翌月合算請求)
〔推奨学年〕小5~小6(小6推奨)

英文法マスター(通年)

[中1クラス]6/7金、14金、21金、28金の19:10~20:00
[中2クラス]6/1土、8土、15土、23土の17:00~17:50
[中3クラス]6/6木、13木、20木、27木の20:00~20:50

  • 2021年度から中学校の英語は超難化し、多くの中学生つまずきます。そうならないため、ひとつひとつの文法をしっかり丁寧に学ぶ、通年型英語授業です
  • 各クラス7名までの固定枠で、「誰もおいていかない授業」「気軽にわからないことを聞ける授業」をするので、英語が苦手な子でも大丈夫です
  • 申し込みはこちらからお願いします
  • お休みされる場合でも、授業動画と宿題プリント(あれば)をメールするため利用料は発生します
  • 授業の詳細はこちら

〔持ち物〕筆記用具(蛍光マーカーも)、教材(教材費は翌月合算請求)
〔推奨学年〕中1~中3

国語クラス(通年)

6/7金、14金、21金、28金の18:10~19:00(中1クラス)

  • デジタル化が進む現代、就職、大学入試、高校入試、定期テストなど、いろんな場面で求められるようになっているのは「読解力」です。そのため、テストではどの教科も問題文の長文化が進んでいます
  • かたや子どもたちはデジタルデバイスと接する時間が長くなり、長い文を読むことをニガテにする子も少なくないため、元国語の先生による、読解力強化の授業を行います
  • なお、定員に達したため、現在は募集を停止しております
  • 基本的に国語が苦手な中学生を対象としており、中1の基礎の基礎レベルからスタートします

〔持ち物〕筆記用具(蛍光マーカーも)、教材(教材費900円)
〔推奨学年〕中1~

  • この記事を書いた人

メンター 田中聖斗

名古屋市守山区で地域の学び舎『鳥羽見寺子屋』を主宰。塾に行けない・行きたくない子の学習指導や、子どもたちの学びを促す特別授業をやっています。子どもたちに寄りそうことを重視し、どんな子でも受け入れています。作家・企画屋・家庭教育アドバイザー・教材開発者です。花粉症の舌禍免疫中のため、現在は年中メガネです。

-お知らせ